ホーム>東芸KIDS>概要>東芸KIDSとは

東芸KIDSとは

東芸KIDSとは

 私どもは東芸美術研究所として長年東京藝術大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学、など一流美大デザイン/工芸科に日本で1、2位を争う高い合格率で多くの合格者を送り出しています。
 受験のプロの立場から指導と実績を重ねてきた私どもが常に感じていることは、「豊かで柔軟な感性の大切さと、保持することの難しさ」ということでした。多くの受験生に接していると子供の時に誰もが持っている豊かな想像力と柔軟な発想がなぜこんなに失われているのだろうかと思う現実です。そしてなぜ失われてしまったのかと言う疑問です。子供達が色々な物事を学んでいく過程で「大人の常識」と言う大人の目で子供達を縛ってしまっていることに有るのではないでしょうか。
 勿論社会のルールや物事の決まりはしっかり教えなければいけませんが、想像の世界や感覚の世界まで「大人の常識」をあてはめる必要はないと考えます。例えばお子さんの絵を見たときに「これ違うんじゃないの~」「これってこういう色だよね~」など何気ない会話の中に子供の想像力や世界観を大人の目で否定してしまったことは有りませんか。現在はあらゆる物事がめまぐるしく移り変わっていきます。しかし本来の子供達の心の成長のスピードは昔からそれほど変わらない様に思います。だからこそ「子供の感じる世界」を大切にしてあげたいと思います。そして東芸KIDSでは「子供の感じる世界」は、大人より地面に近いところにあるとの思いから、「遊び」の感覚と共に身近な自然の中にテーマを求めながら、創作活動を行っていきます。毎回自由な雰囲気の中で、子供達が持っている「感じる心」や「不思議に思う心」、「想像する心」を引き出して、そして育んでいきたいと考えています。